ホーム > コーチング研修

コーチング研修

1. 研修の目的

“不況”というムードの中さまざまなビジネスシーンで結果を出すことが難しくなってきたといわれています

コーチング研修

すでに、数年前からリーダーは数字だけをみて管理・指示をしていれば良かった時代ではなくなっています。

かといって、言いたい言葉を飲み込み、お願いするだけでは士気があがらず、組織と現場の板ばさみでリーダーや管理者のストレスが高まる一方なのが現状です。

もし、リーダーや管理者が、部下とのコミュニケーションのなかで、相手(部下)の士気が高まり、結果に対する明確さを高め、自発的に責任を持ち行動し成功・結果につなげることが出来る方法があるとしたら・・・。

人間心理を背景に人間の本質を扱うコーチングスキルではそれが可能になります。
この研修は、単なるコーチングのテクニックを学ぶ従来のやり方・方法の知識研修にとどまらず、まさに本人の仕事と人材育成の観点(リーダーシップの発揮)に対するあり方の「枠組みの変容(パラダイムシフト)」が可能になるプログラムです。

 

 

2. 研修のポイント

コーチング研修

これまでの研修で扱われてこなかった、人の思考・行動の土台となる「パラダイム(枠組み)」「あり方(ものの見方・受け止め方・感じ方・とらえ方)」を扱います。

それぞれが自分や人の枠組みやあり方の特徴を探り、気づき、そのパターンを見つけ出して、枠組みにとらわれない効果的な提案と行動が出来る人材を育成します。

深い人間理解に基づいた、単なるテクニックではない「人間の本質的な成長を促すコーチング」のセンスを習得していただきます。

 

  • 指示や放任という人材育成から、コーチングという相手が自ら探り、考え行動する新しい人材育成の考え方と手法について理解します。そのことによって学習型組織へと変容が出来る手法を習得していただきます。
     
  • コーチングのベースとなる、「聴き方・伝え方」というコミュニケーションスキルを理解、習得していただきます。そのことにより相手に自主的に思考と行動の変容を促す関わりが可能になります。
     
  • 相手の達成感・充実感・成長を高め、人を支援する関わり、リーダーの甲斐を体得できます。リーダーシップの発揮、リーダーの資質を高めます。
     
  • コーチをする側も受ける側も組織と個人のビジョンをすりあわせ、組織を自己実現できる場として活用するようになります。
     
  • コーチングを受ける側だけでなく、提供側にも同様な結果が得られます。

 

3. 研修プログラム案

テーマ:人を育てるコーチング

内容

オリエンテーション 講師紹介 研修の目的と意図
1.相手が自ら対応能力を発揮する
  コーチング法とは?
  • 人材育成とはなにか?
  • 人を育てることの甲斐
  • 指示的指導と支援的指導の違い
  • 日本のコーチング事情と コミュニケーション事情
  • コミュニケーションとはなにか
2.コーチの姿勢
  • カウンセリング、コーチング、コンサルティングの違い
  • リーダーシップ&パートナーシップ
  • リーダーのあり方(姿勢)とは?
  • 責任とはなにかとビジョンの共有
3.コーチングのベースとなる傾聴の仕方
  • 聴く:指示命令の無効さを知る
  • 自己解釈と探究の違い
  • 一緒にいる、相手を感じる
  • 受け取るということ
  • パラダイム:枠組みとは?
  • 会話から相手のパラダイムを探る
4.コーチングの進め方
  • セットアップと質問技法
  • 要約とコミット
  • 実施
  • 報告を受ける・フィードバック
  • 承認と完了を創る
5.結果を創るコミュニケーション
  • 相手の自立を生み、やる気を出させるIメッセージ
  • 快・不快ではなく甲斐・創造へ
  • 成果・結果(現実)の検証
  • BE-DO-HAVEと分別
  • 結果を創るビジョンとコミット
6.コーチングの定着のために 実践ロールプレイ

以上のプログラムを体験ワークまじえ、実践的に習得していただきます。

コーチング=人間が前進するしくみと
  「結果の為のその主体的思考と行動を引き出すには、パートナーが必要」ということを理解する

コーチング研修

 人がいかに結果を出そうとしないか。いかに頭でわかっていても、行動に移すことが出来にくいかを共有します。そして、その構造から脱するためにどんなコミュニケーションが有効なのかを共有します。

結果を出す良いコーチと結果が出ない悪いコーチの例を踏まえ、残念ながらテクニックだけのコーチングでは結果がでにくく、何がそうさせているのかを明らかにします。
知識や理論で人が行動するのではなく、人は自分自身の本質の変化(探究による気づき)で行動することを理解します。人間の本質を扱う、コーチングが結果を出すという実例と実践を共有します。

ビジョンの共有を図り、「自分で考え・行動し、チャレンジする」自立・自律したリーダーを育成する関わりを通じて、あなたが、真のリーダーシップとパートナーシップを発揮出来、優秀なコーチになることが可能になるのです。