前田京子カウンセリング事務所BLOG

山を抱く

山冬、埼玉北部へ仕事に行きました。
電車の中から、猛々しい秩父連山が間近に見える風景をとらえた瞬間に何故か、“ほっ”としました。
ユング心理学的に山はオールドワイズマンという原型。
原型とは誰の心にもある象徴とそのシンボルを意味します。
オールドワイズマン(賢老人)は自分の心の中にある、雄雄しくたくましく示唆をしてくれる父性的ような存在。
山国で育った女性はたくましいかも・・・。
そんな仮説をたて、環境心理を考え、自分がもっとたくましく雄雄しくなりたいと願っているのだ、きっとと自分の心に仮説をたて問いかける。
「もっとたくましかったら?」
「変えられるのに!創れるのに!」
ああ、自分がいつももどかしいと自分で思っているのだな。
と、自分の心にもどかしさを発見して、落ち着くという体験。
心に山を抱く。
短絡的や両極端に走りがちな日本の文化に、否定するのではなく、正しい正しくないと評価するのではなく、自分を把握する、受け止める、受け入れる。
「普段心が何気なく動いたものでも、探求すると、いろいろな自分を知り自己一致することが出来る。」
そんな探求の機会を人にも自分にも投げかけ続けていきたいと思う。 (Jun.2003)

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.caraway.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/58